2020年 コミュニティナース@はなちゃんバス始動‼

コミュニュティーバス

新年最初のはなちゃんバスは、雨模様

9月から乗り始めたはなちゃんバス、実はあまり雨の日の乗車は少ない。

去年の11月に、宿毛市、社協、医師会と3者協定を結んだこともあり、高知新聞の取材が入った。今日は、記者さん、はなちゃんバス担当の宿毛市企画課の鎌田さんも同乗

去年の暮れから始めた周知のための活動「車内での名刺カード配り」年明けは、年始のご挨拶を兼ねて、ホッカイロと一緒にバスの中で出会う住民さんにお渡し

乗る便も曜日、コースも不定期で、まだまだ「はじめまして」の出会いも多いはなちゃんバス。最近、ようやく、前にも見たことあるな、と言っていただけることもチラホラ(#^^#)

一番最初の乗客は、前にもお会いした方。バス乗り場までご自分のカートで来たのはいいが、杖を置いて来ている。以前お会いした時は、2本杖だったような気がする…「2人分の料金を払うから、あのカートを載せれん?杖を置いてきちょる」運転手さんに尋ねる。機内持ち込みのスーツケースより大きい買い物用カート…今日は、たまたま市役所の担当が乗車している。運転手さんと鎌田さん、ふたりで一生懸命説明。

「置くところがないがよ。もっと小さいのが…自分が少し腰掛けれるようなががついた、あんながやったらのせれるがよお」と運転手さん。「入院していろいろ試したけど、これが一番わたしにおうちょうがよ」確かに、本人が使いやすい歩行車ってある。

「ここの隣に置こう思うて。2人分お金払おう思って」今度は、鎌田さん「そやなくて、そうすると、その分乗れんくなるろう。他の人が乗れなくなると困るろう…お金やなくって」

しかし、何といっても杖代わりのカートがなければ、バスから降りたと途端、困るわけで…

そんなこんなで、今回は、カートごと乗車となり…

整形外科に注射に通っていると。膝や腰が痛くて行くのに、整形外科は道路に面しておらず、バスを降りてから100Mほど自力で歩くしかない。到着すると、わたしはカートを下ろし、そのあと、自分でゆっくり下車される。カートを押す後姿を窓から見送る。雨はまだ降ってない。

下りの便

待合ベンチに2人の高齢の女性が、身を寄せ合って座っている。ほかほかの毛糸のキャップにあったかな装いの2人は、バスが見えると手を振って合図をした。ひとりは小さなシルバーカーと傘を持参していた。あとの一人は、2本杖で、小さなハンドバックのみ、傘はなし。受診帰りとのこと。

2人はご近所でお友達らしい。帰りには、どちらかの家でお茶でもする予定のようで、カートの中には2人分の薬が詰め込まれていた。

ひとりの女性は、初めてバスで受診したという。「息子が電話したやってゆうてくれたけど、5年もねえ、病院送り迎えしてもろうてだいぶ元気になったからねえ、もうそろそろ卒業しよう思いました。自分でできることはねえ」なんと、92歳…

まあ、だいたい、このバスでお会いする方たちの年齢には驚かされる

終点に近づく

雨が降って来た……

雨降って来ましたね…お家は、降りてすぐですか?

少し歩きます

(2本杖だし、傘持っててもさせないよなあ…)一緒に降りましょうか。びしょびしょで帰る訳にもいかないし。

わたしは、終着点に車を置いているのでそれに乗って帰る。少し手前で降りて、歩いて終着場まで行くことはどうってことはない

雨はだんだん本降りに

バス降りたところに、車と傘置いてるんよ

そうなんだ、傘はあるんだ。

心配して待ってるであろう息子さんの顔が浮かんだ

はじめてのひとりでの受診、雨に濡れて帰ってくる母親の姿はちょっと…

運転手さんは、「傘もあるって言うけど…」と、どうやらわたしの帰りを心配してくれている⁇

結局、一緒に降りた

下車すると、建物の壁にもたれかかるように斜めにシルバーカーが寄せられている。軒の下になって意外と濡れてなかった。「うまいこと置いてますね」というと、「誰やらか、入れてくれたがやね」と

そうか…誰かが気にかけて軒に入れてくれたのか

ご自分で、車を引っ張り寄せ、傘を開いた。傘を握ったその手でシルバーカーを押して、ゆっくり歩いた。息が上がるには及ばないが、自分が話す時は、立ち止まって話した。二人でゆっくり歩いて家の前に到着した。「ありがとうございました」と互いに行って別れた

歩いて、終着地点まで急いだ。5分程度歩いて、港の端に自分の車を確認して安心した。

道を挟んだ山側の木陰に、ん?? はなちゃんバスだ。わたしを待つわけないし、次の便の待機…早いから仮眠中かな??

わたしが、自分の車に向かって歩き出すと、はなちゃんバスのエンジンがかかり、バックランプが点灯した。まちへ向かって走り去った。

運転手さん、気になって待っていてくれた?  なんてこと

ありがとうございます…

2020年、はなちゃんバス新たな展開を期待して

本年もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました